週刊ベースボールONLINE

球界リレートーク2018-19

プロ野球交流録 球界リレートーク・ヤクルト 山田哲人「人見知りの僕をいろいろ助けてくれました」

 

広島の若き主砲・鈴木誠也からバトンを受けたのは、トリプルスリーを3度達成したヤクルト山田哲人だ。次に回すのは侍ジャパンでもチームメートとなった楽天の正捕手。山田哲がチームになじむために一役買った心優しき先輩だ。


 誠也は2歳後輩なんですが、かわいいヤツですね。2017年のWBCでも一緒にプレーしたり、同じチームになることも多い。昨年はオールスターでチームメートにもなって、一緒に体を動かしたり、談笑していました。

 野球の技術についての話はほとんどしませんが、「うちは何時まで練習しているよ」とか、チームのことについては話したりしますね。でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

球界リレートーク

オフシーズン恒例の名物企画。プロ野球選手による週替わりゲストトーク企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング