週刊ベースボールONLINE

わが思い出のゲーム

山沖之彦が語る思い出の試合 「今でも心に引っ掛かっている」

 

個性派軍団だった当時の阪急の中にあって、190センチを超える長身投手として先発、抑えで活躍した山沖之彦。ルーキーイヤー(1982年)からチームの中心として腕を振るってきたが、6月23日の西武戦(西宮)、人生初となる経験、衝撃を味わうことになった。
取材・構成=杉浦多夢


必死だったルーキーイヤー


1982年にドラフト1位で阪急に入団した山沖之彦は、開幕戦でいきなり初登板初セーブをマークすると、その後も初先発のチャンスで初完投初勝利を挙げるなど、新人とは思えぬ活躍であっという間にチームの主軸となっていく。84年は不本意ながらリリーフを引き受けてリーグ優勝に貢献。87年には19勝で最多勝に輝いたが、その年の9月はまさに獅子奮迅の活躍を見せ、月間MVPも手にしている。それでも、最も心に残るのはルーキーイヤーのある試合だという。


開幕戦で初登板初セーブをマーク[写真上]、先発デビュー戦では初完投で初勝利[写真下]と、山沖は新人ながらチームの信頼をつかんでいたが……


 自信になったという意味では1987年の9月、月間MVPを取ったときの数試合ですね。前半戦でチームは首位だったんですけど、西武に追い上げられて2位に転落。9月は連戦が続いていて、常に負けられない状態でした。そんな中で、9月22日に南海との2連戦の初戦(西宮)で完投勝ちして、「よかったな」って家で夕飯を食べていたら、投手コーチから電話があって「次の頭いけるか?」と。次のカードの頭というのは中2日のロッテ戦ですよ。

「ローテーション崩れますよ?(ほかに)いないならいきますけど」と答えて先発することになりました。

 そのロッテ戦でも3失点の完投勝ちだったんですが、相手ベンチで有藤さん(通世/当時のロッテ監督)がめちゃくちゃ怒っていて。「中2日で投げてるピッチャーをなんで打てないんだ!」って(笑)。さらに次のカードの頭だった南海戦(大阪)にも中3日で先発して、8回2失点で勝利。8日間で3試合に先発して3勝できたというのは、自信になったというか、うれしかったですね。それが月間MVPと最多勝につながりましたし。

 ただ、最後の南海戦ではベースカバーのときに足がつってしまったんです。次の西武2連戦も中3日で頭に行く予定が、先に星野(伸之)が投げて、自分は2戦目で負けてしまった。それでシーズンも西武に負けてしまいました。大事なところで打たれたり、負けたりしてるんですよ(笑)。

 そうは言っても、一番心に残っているのはルーキーイヤーの試合ですね。6月23日の西武戦(西宮)で1回表に5点を取られてノックアウトされた試合です。そこまでの開幕からの流れもあって、今でも心に引っ掛かっている試合ですね・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

“レジェンド”たちに聞け!

プロ野球80年の歴史を彩り、その主役ともなった名選手たちの連続インタビュー。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング