週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

ロッテ・内竜也 1球に全力を込めて 「いつだって、この1球が“人生で最後の1球”になるかもしれないと考えながら投げている」

 

圧倒的なパフォーマンスで相手打者をねじ伏せる球界でも屈指のリリーバー。だが、そこには「万全であれば」のただし書きが付きまとってしまう。ケガと手術。試練が訪れるたびに乗り越え、立ち上がり、何度も復活のマウンドを踏み続けてきた。
文=梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ・チーム広報)、写真=高塩隆、BBM


ケガの連続の中でも苦悩は表に出さない


 マウンドでのその姿は、普段見せる表情とは違う。グラウンドに出るまでの内竜也は、どこかおっとりとした温和な表情が目立つ。しかし、ひとたびボールを握り、マウンドに上がると、面構えとその背中が醸し出すオーラは一変する。

 1球に全力を込める。左足を突き上げ、軸足となる右足で全身を支えると、右足首をひねる動作とともに全体重を左足に預け、右腕はムチのようにしなり、ボールは唸りを上げる。150キロを超えるストレートとスライダー。スタンドで観戦するファンを魅了してやまない威力あふれるボールは、そのフォームと一連の緻密な動作が生み出すものだが、体への負担もまた大きい。それでも、強い覚悟と決意がある。1球たりとも悔いの残るような中途半端なボールは投げたくないというプロ根性にあふれている。

「僕はいつだって、この登板が最後になるかもしれないと思っている。そう思いながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野球浪漫

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング