週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

楽天・渡辺直人 東北に愛される理由 「できればもう一度、このユニフォームを着たいと思ってずっとプレーしてきた」

 

突然のトレード宣告から7年。念願叶い、東北に戻ってきた。他球団在籍時も“故郷”への思いが薄れることはなかった。ほかの2球団では激しいポジション争いの中、自らの生きる道を悟った。2018年に38歳を迎えるベテランは、優勝するために必要なピースとなる。
文=金野正之(河北新報社)、写真=上野弘明、BBM


「悲劇の主役」が記者会見で流した涙


「ただいまです」

 2017年11月30日、横浜(現DeNA)、西武を経て8季ぶりに楽天に復帰することになり、渡辺直人は仙台市の球団事務所で記者会見に臨んだ。代表質問者だった旧知の地元テレビ局アナウンサーの顔を見るなり、感無量で両目は真っ赤になった。聞き手も同じような顔になっていた。少し震えた声で渡辺は思いを連ねた。

「帰ってこられて、心の底からうれしい。離れていてもチームのことが気になっていた。できればもう一度、このユニフォームを着たいと思ってずっとプレーしてきた。本当にうれしくて、言葉にならない」

 突然の金銭トレードで放出され、同じ場所で「悲劇の主役」となったのは2548日前。渡辺はようやく不本意な呼ばれ方から解放された。

 7年前の10年12月9日。4季連続で正遊撃手だった渡辺は、思いもしないトレード通告を受け横浜への移籍を余儀なくされた。直後の記者会見で涙した姿が強烈な印象を与えた。翌日、他選手の契約更改会見でも異例の事態が続く。新選手会長になったばかりの嶋基宏鉄平草野大輔の主力たちが次々と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング