週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2019

西武・小川龍也 欲を捨てて 「抑えたいというメンタルは、僕には無理」

 

昨年7月下旬に中日から西武へトレード移籍し、中継ぎ左腕として優勝に貢献した小川龍也。厳しい場面でマウンドに上がるが決して力まない。プロになったのが「奇跡」だという男のメンタル術は興味深いものだ。
文=中島大輔 写真=小山真司、BBM


入団会見で懐かしの顔に再会


 2018年7月18日、日本列島は記録的な酷暑に包まれていた。

 名古屋も例に漏れず、この日の最高気温は39.2度。中日ドラゴンズの一軍が冷房の効いたナゴヤドームのナイターで広島戦を迎える数時間前、小川龍也は厳しい日差しの照りつけるナゴヤ球場でウエスタン・リーグの広島戦のマウンドに上がった。

 3番手として登板し、7回の1イニングを三者凡退。試合後、クラブハウスに引き上げようとすると、マネジャーに声をかけられた。

「帰る前、事務所に寄って」

「今でもいいですよ」と即答して行くと、突然告げられた。名古屋から東に350キロほどにある、埼玉西武ライオンズへの金銭トレードが球団間で合意したという。

「『え?』って。しかもその日、試合に投げて調子が良かったので、なおさらあると思わなかったですよね」

 プロ野球は非情な世界だ。選手保有に関する球団間の決定に対し、当人たちは拒否することができない。「寝耳に水」の通告を受け、小川は放心状態で自宅に帰った。

「整理できなかったです。ホント、嫌だったですよね。中日に9年間いたので、情も入っているので」

 突然のトレードをそう振り返った小川だが、一転爽やかな笑みを浮かべると、こう続けた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野球浪漫

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング