週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2019

広島・磯村嘉孝 全力の献身 「自分がどうこうよりも、投手に、気持ちよく、思い切って、投げてもらえる捕手でありたいです」

 

12球団でもトップクラスの層の厚さを誇る捕手陣の中にあって今季、出場機会を増やし、次代のレギュラーへ着々と足固めをしている。ただ、決して順風満帆だったわけではない。どんな状況にあっても、いつも前向きに準備と努力を怠らず、地道に前進を続けてきた。いつも元気に、がむしゃらに。投手陣に、そしてチームに安心感を与えるその存在は、日に日に大きくなっている。
文=坂上俊次(中国放送アナウンサー) 写真=佐藤真一、BBM


心配性と入念な準備


 もともと心配性である。移動でも早めの行動を心がける。忘れ物がないか、何度もバッグを確認することもある。

「ギリギリの行動はしたくないので、例えば列車でも、時間を調べておいて早めに動くようにしています。自分が待つくらいのほうが落ち着きます。荷物を確認することも多いほうだと思います」

 だから、捕手としての準備はまったく苦にならない。球場入りは、人一倍、早い。前日の試合映像を見て、チームメートの投球内容を確認する。それをもとにしながら、投手から話を聞き、バッテリーを組んだときの材料にする。もちろん、そこから、捕手としての準備もあれば、打者としての準備もしなければならない。

 2011年にドラフト5位で入団。カープの捕手は、卓越のリードで匠の領域に入りつつある石原慶幸がいて、今は球界屈指の打力も武器にする會澤翼がレギュラーを張る。若い世代には、3年目の坂倉将吾や2年目の中村奨成といったスター候補も控える。磯村嘉孝は熾烈(しれつ)な競争を戦いながら、一軍で、信頼感を勝ち取ろうとしている。

 ムダな力を排除した打撃が評価され、交流戦ではDHで起用されるまでになった。守備面では、大きなジェスチャー、明るい性格と準備を土台にしたコミュニケーション、泥臭いキャッチングで信頼感を築いてきた。もはや第3の捕手ではない。偉大な先輩捕手と勝負できるところまで到達した感がある。

 野球に対する真摯(しんし)なアプローチは運命だったのかもしれない。磯村は、祖父・叔父・父・兄がそろって甲子園出場という野球一家に生まれた。しかも、体重は4500gだった。小学校2年のときに野球を始めたのが必然なら、ひときわ体の大きな少年が捕手になったのも必然であったのかもしれない。

 中学時代は豊田シニアで1学年先輩の堂林翔太(現広島)と出会った。のちの甲子園優勝バッテリーである。しかし、実際は華やかなばかりのストーリーでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング