週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2019

日本ハム・西川遥輝 真っすぐな情熱 「常に自分の中でしっかりしたものを持っていればいい」

 

端正な甘いマスクと非凡な才能。それはプロの世界で長所であり、短所にもなった。たゆまぬ努力と繊細な自己研磨によって、球界でも有数の攻守走を兼ね備えた選手にたくましく成長。プロ9年目を迎え、チーム内での立場も変化した。さらなる進化を遂げるため、真っすぐな信念と、情熱を胸に己の野球道を突き進む。
※成績はすべて9月4日現在 文=金田正大(スポーツライター)、写真=井田新輔、BBM


役目を全うする覚悟


 プレーボール直前の本拠地・札幌ドームに、激しいビート音が刻まれる。けたたましく鳴り響く自身の登場曲『Uproar(featuring Swizz Beatz)』に乗って、西川遥輝が打席に向かう。黄色い声が際立つ歓声を背に、ルーティンのスイングを数回繰り返してから勝負の舞台に立つ。

 チームが日本一に輝いた2016年に一番打者に定着。以降は不動のリードオフマンとして打線をけん引してきた。昨年のオフには2年契約の総額4億円(金額は推定)で更改。球団ではFA取得前の生え抜き野手と複数年契約を結ぶのは陽岱鋼(現巨人)以来と、異例だった。功績と期待の表れが、最大限の評価につながった。

 9年目の今季開幕前には侍ジャパンのメンバーにも初選出され、シーズンが始まってからは、ここまでチームトップの123試合に出場し、打率.282。数字的には十分に役割を果たしているように見えるが、低迷するチーム同様に西川自身は苦悩の日々を過ごしている。

「今年はメッチャ調子よかったときが、あんまないんですよね。思い出せる限りでは交流戦の横浜での3試合くらい(計14打数8安打をマーク)。ほかはちゃんとした安打、自分の思ったとおりのバッティングができたことはほとんどないですね。まあ、ちょっとパニック状態。あれ、どんなふうにやっていっていたっけって」

 人知れずスランプに陥りながらも斬り込み隊長の仕事に徹している。その中で唯一納得しているのは、内野安打の数。「運がいま付いているから、内野安打が出ているのかな」。昨季の内野安打は14だったが、今季はすでに25にまで伸びた。持ち前の選球眼を発揮して、四球数もリーグ3位の78四球を重ねている。

「ある程度、僕の知名度も上がっているので周りが“勝手に警戒”してくれているから調子が悪くても四球になったりだとか。調子悪いって言うのがバレていたらストライク投げておけば安打にならないし、塁に出すこともないのに勝手に厳しいところに投げたりして四球になってくれている。積み上げてくるものも本当に大切だなと思っています。なんとかして打ちたいなとは思いますけど」

 そう素直な気持ちを表現している。チーム屈指の練習量で城石憲之打撃コーチは「ハルキは誰かが止めないと、練習し続ける」と証言する。西川自身は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング