週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2020

オリックス・張奕 試練の先に「ここまでやってダメならしかたない。チャンスをもらえるのなら、やるしかない」

 

幾度となくカベを越えてきた。国境、育成入団、ポジション転向、そしてケガ──。異国の地で試練に立ち向かい続ける中で、時に失意に暮れることもあった。だが、そこで得たのは覚悟の2文字。慢心なき右腕は、どんな試練も力に変えていく
文=米虫紀子(スポーツライター) 写真=太田裕史、BBM


チャンスを力に


「ちょっと投げてみて」

 2年前、酒井勉育成コーチ(現・育成統括コーチ)の言葉が運命を変えた。

 張は2016年秋のドラフトの育成1巡目で指名されて外野手として入団していた。福岡第一高時代は主に投手として活躍したが、日本経大で野手に転向。オリックスでも肩の強さなど身体能力は高く評価された。

 だが、打撃で思うように結果が出なかった。入団1年目はウエスタン・リーグで打率が1割にも満たず、2年目も安打が出ずに苦しんでいた。

「このままではクビかな」

 そんな考えがよぎり始めた18年6月、酒井コーチに声をかけられた。酒井コーチは以前から「球筋がいい」と張に目をつけていた。言われるままブルペンで投げると、いきなり145キロを計測。投手転向が決まり、腹をくくった。

「野手として活躍したかったけど、ここまでやってダメならしかたない。ピッチャーとしてチャンスをもらえるのなら、やるしかない」

 その後、ストレートは力強さを増して150キロを超えるようになり、ファームで結果を残して昨年5月、支配下登録を勝ち取った。

 早速5月16日のロッテ戦(ZOZOマリン)で、リリーフとしてプロ初登板を果たすと、8月8日の日本ハム戦(旭川)で初先発。6回を1失点に抑えて初勝利を挙げた。

 投手転向から1年余りで、大きく動き出した野球人生。しかし、それで終わりではなかった。

 昨シーズン後の11月に開催されたプレミア12で、初めて台湾代表に選出された。2試合に先発登板し、ベネズエラ戦で7回、韓国戦で6回2/3を投げ、計13回2/3を無失点。2勝を挙げて大会の最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得した。

 台湾は大会5位に終わったが、優勝した日本の並みいる投手たちを抑えて、先発投手部門のベストナインに選ばれ、投手3冠に輝いた。

 張はプレミア12に懸けていた。

 投手転向を経て育成契約から支配下に這(は)い上がり、一軍登板、初勝利──。昨年までの過程は周りから見ればサクセスストーリーのように映るが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング