週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2021

DeNA・楠本泰史 あこがれのユニフォームをまとって「覚悟を決めてバットを振ってダメだったらそれはそれでしょうがない」

 

非凡な打撃センスは周囲も認めるところ。ファームでは無双状態。しかしどうしても一軍で結果に結びつけられないシーズンが続いていた。そんな楠本泰史の前に、今季はようやく光が差し込んできたようだ。ベイスターズのユニフォームにあこがれた少年が一軍の舞台で輝き始めた。
文=石塚隆 写真=大泉謙也、桜井ひとし、BBM

高々と足を上げたトップから一閃。広角に鋭い当たりを弾き返す[写真=大泉謙也]


幼なじみの存在


 幼少のときに見た夢が現実となる。横浜DeNAベイスターズに入団し4年目になる外野手の楠本泰史は、感慨深い表情で次のように語った。

「ドラフト会議で指名されたとき、やっぱりご縁のある球団だと思ったんですよ。小学生のとき、間近にあこがれたプロ野球選手と同じユニフォームを着て、また野球をやることができるなんて」

 大阪府吹田市生まれの楠本は、小学1年生の終わりに岡山県へ転居する。父親と一緒に練習をして基礎をみっちりと学ぶと、小学4年生で晴れて野球チームに入団した。そして小学校6年生のとき神奈川県横浜市に転居するのだが、ここで運命の出会いを果たす。転校をした横浜市立山内小学校に、現在、楽天でクローザーを務めている松井裕樹がいたのだ。野球が大好きな同学年の2人は意気投合し、楠本は松井と同じ元石川サンダーボルトに入団をした。さらに松井から誘われる形で、地元の横浜ベイスターズのジュニアチームのセレクションがあることを知り、楠本は一緒に受け、ともに合格をしている。ジュニアながらプロ選手と同じデザインのユニフォームをまとったあの日の興奮、楠本は「いつかプロになって、こういうユニフォームをまた着たい」と、胸に強く誓ったのだという。

 その後、中学へ進むと、松井と共に青葉緑東シニアでプレーし、3年の夏に全国制覇を果たしている。言うまでもなく、楠本にとって松井は特別な存在だ。

「父の転勤で来た横浜で偶然出会ったわけですし、野球以外の学校の思い出もたくさんある、言葉じゃちょっと語り切れない友人ですよ。死ぬまで仲良くしていきたいですね」

 その後2人は別々の道を歩むことになる。松井は地元の桐光学園高へ、楠本は埼玉の花咲徳栄高に進学した。ともに野球の名門だが、楠本は「声を掛けていただいた高校の中で、一番必要とされている学校へ行くべきだというアドバイスもあって花咲徳栄を選ばせていただきました。とにかく甲子園に出て、プロに行くんだという思いだけでした」と、当時を振り返る。

 入学後、楠本は好打の野手として1年からベンチ入りし、3年の春に甲子園へ出場している。強豪校でもまれ実力を高めていったが、高校卒業を前にして、まだ自分は希望するプロには実力的に届かないと感じていた。そう冷静に自分を見つめることができたのは、甲子園で10連続奪三振と1試合22奪三振の大記録を達成していた盟友の松井の存在だった。

「小学生のときから松井はちょっとレベルが違うなと思っていましたし、実は甲子園での大活躍も納得というか、あまり驚かなかったんですよ。こういう人間が高卒でプロに行くんだなって。また花咲徳栄の同級生にプロに進んだ若月健矢(オリックス)もいましたし、彼らのように僕は実力がずば抜けていなかったので、高卒でプロに行くのは難しいと思ったんです」

 自ら時期尚早と悟るところが、配球の読みと抜群のバットコントロールに優れた楠本らしく、クレバーな判断ができている。花咲徳栄の岩井隆監督の勧めもあり、楠本は東北福祉大に進学し、プロを目指すことになった。

 大学に入ると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング