週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2021

楽天・安樂智大 “亡霊”を振り払って「あれだけ好きだった野球が嫌いになるくらい、苦しかった」

 

プロ入りしても、甲子園での772球がついて回った。「投げ過ぎ」との周囲の声は、嫌でも耳に入ってくる。それでもスピードの呪縛から解放され、息を吹き返した。新たな姿で輝きを取り戻した右腕に、もう迷いはない。
文=田口元義(フリーライター) 写真=高原由佳、BBM

最後の打者を打ち取りガッツポーズ。シーズン終盤にはクローザーの役割も担った


無責任に定着したイメージ


 安樂智大がマウンドに君臨する。

 それは、プロで初めての舞台だった。今年10月7日のロッテ戦(ZOZOマリン)。1点リードの9回を託された安樂は、二塁打と四球で得点圏にランナーを背負いながらも、最後のバッター、荻野貴司を151キロのストレートでセカンドゴロに打ち取り、接戦となったゲームを締めた。

 7年目にして初セーブ。安樂にとって、その価値は大きい。

 この時期の楽天は、絶対的守護神の松井裕樹が故障で長期離脱中だったため、9回を託される投手はいわば日替わりだった。松井の代役は宋家豪が担うケースが多かったが、チームが優勝争いを展開するシーズン終盤でその一翼に名を連ねる。それはすなわち、石井一久GM兼任監督をはじめとする首脳陣から信頼された証しであり、何より安樂自身の歩みが正しかったことも示していた。

 開幕当初こそビハインドやロングリリーフなど、場面を問わずフル回転してきたが、6月に入るころには勝ちゲームで登板する機会が増えた。初セーブを挙げたロッテ戦の時点で52回1/3を投げ防御率1.55。シーズン58試合に投げ、3勝3敗2セーブ、25ホールドポイント、防御率2.08と、7年目にしてキャリアハイを刻んだのである。

「理想は『安樂が投げるのか……』と、相手に嫌がられるピッチャーになりたいと思っています」

 プロ入りしてまだ間もないころ、安樂はそんな未来を描いていた。今シーズンのパフォーマンスは、まさに相手を落胆させるに十分ではあったが、自身の理想とは少し違う。

 本来ならば安樂は、先発として投げているはずだった。

 8年前。済美高の2年生エースだった安樂は、甲子園球場の中心で仁王立ちしていた。

 2013年のセンバツ。初戦で152キロをたたき出し観衆の度肝を抜いたが、驚くべきはそのタフさだった。球数は準決勝まで663球。決勝戦の6回、772球目で力尽き「最後まで投げ切りたかった」と涙したが、準優勝の立役者であることは誰もが認めた。ところが、「剛腕・安樂」の株が急上昇する一方で、アメリカメディアが「投げ過ぎだ」と報じたことで、日本でも議論が噴出。現代の高校野球の負の側面に利用されてしまったわけである。事実、夏に自己最速を更新する157キロをマークした直後の秋に右ヒジを故障すると、周囲はまたプロ注目右腕に影を落とした。

 そんな他者の目線と自分を照らし合わせるように、安樂は俯瞰(ふかん)しながら話していたものである。

「野球を始めてから練習することが当たり前で、ずっとそういう環境でやってきたので、投げることにしてもウエートにしても、トレーニングしないと気持ち悪いというか不安でもあるし。高校時代にヒジを1回痛めるまではケガをしたことがなかったんですけど、そこからは気を配るようになって。ちょっとでも違和感が出たらトレーナーさんとかに診てもらったり、自分でも入念にケアをするようにはなりましたよね」

 このような意識の高さとは裏腹に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野球浪漫

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング