週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2022

阪神・熊谷敬宥 根っからの野球小僧 「オフから取り組んできたことは良い方向に進んでいるが、悔しさはすごくある」

 

相手バッテリーも球場のファンも分かっているのに……代走で起用されると必ず盗塁を決める。そこには強じんな精神力があり、結果を残し何より先発で出たい思いが強い。そのための準備は誰よりも多くこなし、できることはすべて試す。すべては大好きな野球を1年でも長く続けるため。
文=佐井陽介(日刊スポーツ) 写真=早浪章弘、毛受亮介、石井愛子、BBM

代走の切り札的存在で終盤の攻撃には欠かせないピースとして存在感を発揮している


二塁で勝負したい


 熊谷は4年前、阪神の若手選手たちが暮らす「虎風荘」に入寮する際、背番号7のユニフォームを持参している。

 縦縞ではなく、白色ベースの無地。今岡真訪糸井嘉男といった虎の大先輩のレプリカではない。それどころか、プロ野球選手のモノでもない。背中には「RONALD」の文字。当時レアル・マドリードのMFとして世界を沸かせていたサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドの大ファンだったのだ。

 しかも、推しポイントは端正なルックスやゴール量産のプレースタイルではなかったから面白い。

「たまたまドキュメンタリー番組を見たときがあって。あれほどの超スター選手でも陰では信じられないほどトレーニングをしているんだなと知って、好きになりました。人前では努力していないように見せて、家ではサッカーのことだけを考えている。一スポーツ選手として、そういう部分にあこがれたんです」

 ある意味、これもチーム屈指の努力家として知られる男ならではの視点なのかもしれない。

 今、26歳になった背番号4の1日は誰よりも早く始まる。甲子園ナイトゲームの当日は選手一番乗りで午前10時に球場へ。クラブハウスでシャワーを浴び終えると、1人きりのルーティンをスタートさせる。体幹トレーニング。マシン打撃。ランニング。さらに今年からは「壁当て」も日課に取り入れた。

 甲子園の一塁側室内ブルペンには細い柱のような壁がある。正午を過ぎる時間帯になると、まだ薄暗い空間に「コンッ、コンッ……」と衝突音を響かせる。

「秘密の練習なので、あまり知られたくはないんですけどね(笑)。あれほどの名手でも基本をすごく大事にしているんだと知って、基本を継続しないとうまくなれないと気づいたんです」

 広島菊池涼介が主催する静岡合同自主トレに初参加したのは今年1月のことだ。6学年上の先輩とは面識ゼロ。すでに「菊池塾」の一員だった中日三ツ俣大樹を通じて、半ば押し掛けのような形で塾生入りを志願した。

「もともと一緒にやらせてもらいたい気持ちはずっと持っていました。二塁手で右打者という共通項もあったので」

 正直に言えば、背に腹は代えられない事情もあった。

 大卒1年目の2018年は両打ちに挑戦も成功ならず。右打ち専念に戻した19年は一軍出場ゼロに終わった。前年の20年も38試合出場。21年は自己最多の73試合出場で7盗塁を記録したものの、代走や外野の守備固めがメーンで打率は0割0分0厘だった。その上、本職と言える二塁出場はわずか3試合。「内野で、二塁で勝負したい」。湧き上がる熱量をぶつける相手は、どうしても頂点の人にこだわりたかった。

「日本を代表するほうなので最初は緊張感がありましたけどね。最後のほうはちょっといじってくれたりもして、うれしかったです」

 突撃入門のかいあって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野球浪漫

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング