週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

阪神・高山の新人王獲得はそれにふさわしい活躍やった。オレは彼には2年目のジンクスはないと思っている。進化するよ!

 

オレの新人王獲得は紆余曲折あったんや


高山は新人王にふさわしい活躍やったし、134試合で136安打、打率.275は新人としては立派やった/写真=BBM


 もう忘れられているのかなあ……。そら、あれから36年も経っているんやからね。オレ、実は新人王になっているんよ(ハイ、これプチ自慢)。1980年、セ・リーグはオレで、パ・リーグは日本ハム木田勇さん。ともにドラフト1位で入団して、それなりの成績を残したわけよ(オレは108試合で109安打、18本塁打、54打点、打率.290。木田さんはホンマ、すごかった。40試合登板で22勝8敗4セーブ、防御率2.28)。

 オレはドラフト会議で6球団競合になって、阪神に引き当てられた。年が明け、1980年、合同自主トレに参加。いきなり考えさせられた。とにかく、すごい選手ばかりで、とにかく圧倒された。そらそうやろ。掛布雅之(現二軍監督)さん、真弓明信さん、藤田平さん、若菜嘉晴さん、竹之内雅史さんやで。投手も江本孟紀さんを筆頭に猛者ばかり。こりゃ、えらいところにきた……と思ったもんね。逆にこれだけのメンバーがいるのに、なんで優勝でけへんのか、とも感じたわ。

 そういうインパクトのある初日を終え、キャンプに入る。監督は外国人のブレイザーよ。オレは通訳を通して、いきなり告げられたわけよ。

「ルーキーは基本、最初からは使わない。これはメジャーの常識」とな。エッと思ったわ。力があればベテランもルーキーも同じやないか。どうして最初から決められるのか。ホンマ、いきなりガツンとやられたわけよね。

 それがキャンプの練習でも出る。オレは三塁手やったけど、そこにはカケさんがいる。ショートは真弓さんやし、二塁は中村勝広さん、榊原良行さん。ということは……と考えていたら、ブレイザーからある日・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング