週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

『16』を引き継いだ安藤が引退。ホンマ、お疲れさまやったな。去りゆく人あれば次は来る人、清宮君の活躍に期待やわ

 

オレも着けた16番を輝かせてくれた安藤。監督時代には黙々と仕事をこなしてくれた。将来はいい指導者になると思うよ/写真=BBM


オレの背番号16をつないだ安藤が現役引退


 野球のディフェンスで“華”と言えば三遊間コンビになるだろう。昔、巨人は長嶋(長嶋茂雄)さん-広岡(広岡達朗)さんであり、そこと対抗するのが阪神の三宅(三宅秀史)さん-吉田(吉田義男)さんだった。特に阪神の三遊間コンビは、守備では絶対、巨人より上と評されるほどだった。

 その三塁を守っていたのが三宅さんであり、着けていた背番号は“16”やった。この番号を、のちにオレが背負うことになった。背番号は選手の“顔”というべきもので、やはり愛着がある。オレも“16”にこだわってたし、“1”と“6”にもこだわった。背番号とは、そういうものやと思うわね。

 三宅さんから受け継いだ番号を、オレ色に染め、より光るように……と現役時代は頑張ってきた。そして背番号に別れを告げるときがくる。その“16”は、その後、ドラフト1位で入団してきた投手に受け継がれることになる。それが安藤(安藤優也)だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング