週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「今年も高校野球の夏が来た。その前に甲子園が熱くなったソラーテのサヨナラ弾!! 今後の活躍の予感はあるが……」

 

陽気な性格でもいいが、とにかく打つことよ/写真=BBM


今年も高校球児の健闘を祈るわ


“夏本番”──。象徴は甲子園だ。このコラムが読まれるころ、ちょうど高校野球夏の甲子園大会が始まる。いつもワクワクする。毎日、画面にクギ付けよ。やはり高校野球はいい。高校野球は素晴らしい。

 母校(北陽高=現関大北陽高)はいつも、いいところまで進みながら、甲子園に届かない。できる限り、スタンドで観戦、応援しているが、先輩、後輩との再会は楽しいもんだ。年齢に関係なく、母校の奮闘に、みんなが声を上げ、拍手を送り……。変わらぬ景色がいいのである。

 オレは中学から高校に進む際、多くの高校に誘われた。そんな中、選んだのが北陽やった。中学で汗を流した仲間と、北陽で甲子園へ! と誓い合って決めた。当時の大阪は“私学8強”時代。全国的にもレベルの高い学校が8校あり、北陽もそのひとつ。ただ頭ひとつ抜けて、頂点に君臨するのがPL学園高やった。全国で勝つ前の大きな壁。大阪を制するものが甲子園を制す。そうささやかれた時代やった。

 オレは甲子園に1度出場している。それを決めたときの喜びは、ホンマ、格別やった。甲子園がすべてではないが、もちろん大きな目標やった。そこに進むために、練習を繰り返し、仲間と笑い、泣き、涙を流し、励まし合う。すべての結晶が甲子園……。だからユニフォームを着て、甲子園のグラウンドに立ったときの感動は、ホンマ、表現できないほどのもんやったわ。

 今年もまた、その季節が訪れた。球児のみんな、感動してくれ。それを体で表現してくれ。野球の原点を見せてくれ。ホンマに楽しみな2週間や……。球児の健闘を祈る──。

 その甲子園で、球児たちよりひと足早く、輝いたのが阪神の新外国人、ソラーテよ。球児たちに甲子園を明け渡し、長期遠征に出る直前・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング