週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「キャンプ中、監督はケガだけを心配するものなんよ。総合力ではやっぱり阪神はいいよ。首脳陣は外国人をじっと見てほしい」

 

四番候補のボーア[左]とサンズ[右]。2人がしっかりと働けば優勝は見える。だがスランプになったとき……首脳陣は手を入れ過ぎないことやな/写真=石井愛子


キャンプで大事なことは選手たちを見る「目」よ


 キャンプがスタートした。いよいよ野球シーズン到来やね。ここから先、10、11月までの長い戦いが待っている。それを乗り切るための下地を作る。それがキャンプの持つ意味である。心技体……、体を作り、技術を得て、心を鍛える。重要な1カ月となる。

「監督として、キャンプの目的は?」と何度も聞かれた。目的は個々によって異なる。しかし、監督として求めるのは常に「故障なく、順調な1カ月を」。やっぱり最も怖いのはケガ、故障、アクシデントやね。チームの根幹にかかわることもある。チーム構想を根底から壊す危険がはらんでいるからな。でも、それを恐れていては前に進まない。決して“無理”はよくない。でも、“無理”をさせるときがある。それを見極めること。それで大事なのがコーチ、トレーナーの“目”となるんよ。

 例えば日々の練習に入る前のアップの段階も、ランニングする姿を、ボーッと見ているのではない。常に異変はないか、目をこらす。選手は少々のことでは自己申告してこない。だが体は正直だ。前日までとの違いが生じるはずや。それを見抜いて、早め、早めに処置していく。コーチやトレーナーは、そのためにプレーヤーの姿を追う。大事になる前に、未然に防ぐ。こういうことがスムーズに行われたら、チームとしての形は保たれるわけよ。

 だから、オレはこの時期・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング