週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「無観客試合の経験がないオレ。実際に開幕してどうなるのか!?でも優勝するためには熱いプレーをしていくだけよ」

 

延長12回2対2の引き分けで終わった2008年10月14日の試合。この後にファンと言い合いになったオレ。無観客だとこういうファンの肌感がない。その中でも熱い戦いを見せてほしいわな/写真=BBM


ようやくここまで来た。プロ野球開幕よ


 6.19。この日をもって、都道府県への往来自粛が解かれる。ようやく世界が回り始めた……という印象だ。とういうことでオレもいざ東京である。プロ野球の開幕日、実はこの機会に、私事で申し訳ないが、息子に会うことにしている。息子は現在、東京暮らしで、サラリーマン。結婚して子どもが2人。そう、オレにとっては孫である。

 長い自粛期間で、会えなかった。孫たちがどれだけ成長しているのか、ホンマ、楽しみで仕方ないし、オジイちゃん気分での東京行き、ウキウキしている。

 ただ、このコラム、タイムラグがある。皆さんに読んでもらっているころは、もうオレは関西に戻っている。これが週刊誌のつらいところで、締め切りという制限が付きまとう。そうなると、巨人阪神の開幕シリーズも終わっているということで、果たしてタイガースがどんなスタートを切ったのか。デイリースポーツの評論仕事で、オレは3連戦すべてを見る。だから詳しいことは、来週号でしっかり記すことにする。

 あらためて書くが6.19、いよいよプロ野球が動き出した。3カ月遅れの開幕だ。猛威を振るう新型コロナウイルスのため、開幕が危ぶまれる中、ようやくここまできた。よくぞやってくれた!! 関わったすべての人に感謝である。だけど、当然、制約だらけの今シーズンになる。特例2020はホンマ、異例のシーズンになる。つい最近、新たに加わったのがセ・リーグはクライマックスシリーズ(CS)がなし。パ・リーグは1位、2位でのCS開催。リーグによって違いも出た。

 そんな中での開幕は“無観客”で行われる。オレは現役、コーチ、監督を通じて、この無観客試合という経験がない。だから、その空気感が分からない。どんな気持ちで打席に立ち、どんな気持ちでピッチャーはマウンドに立つのか……。ホンマ、想像がつかない。

 2002年、阪神の監督に就任した星野(星野仙一)さんがよく口にしていた「マスコミも、ファンもタイガースの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング