週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「チームが常勝になるポイントは守備と走塁の強化やと思うわ。03、05年の阪神優勝は赤星が、今季は近本の復調がカギやな」

 

チーム全体の守備力も上がっており、走塁も積極的になっていることが阪神の反攻につながっている。あとは近本の打撃が復調すればさらに得点力が上がるよ/写真=BBM


阪神逆襲の理由は守備力の向上にあり


 ホンマ、テレビの前に座る時間が長くなった。ニュース、ワイドショーの話題はもちろん新型コロナ一色。第2波の入り口……ということらしい。東京に大阪、感染者数が増え続けている。この先、一体、どうなっていくのか……。イベントでの観客を、段階的に増やしていくというプランも白紙に戻った。野球場のスタンドが満員になるのは、いつの日か。新型コロナとの付き合いは長くなる。

 そんなプロ球界、なんとか明るい話を見つけてみる。今、最もホットなチームは阪神である。ある意味、奇跡的な逆襲を続けている。開幕から12試合消化した時点で、まさかの2勝10敗。借金8の大出遅れ。これは致命的かと思った。試合数が少ない今シーズンよ。取り返しのつかぬ事態になったと、正直思ったわ。

 ところが、ですわ。次の12試合でナント、10勝2敗の反転攻勢に出て、一気に借金を完済。さらに貯金に転じたのである。2勝1敗ペースでコツコツと返済していくしかないな、と見ていたら、5勝1敗ペースに軌道修正したではないか。これはやはりチーム力が備わっている証し。評価は高かったタイガースが、真の姿を示したことになる。

 そこで感じるのが、逆襲の要因が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング