週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「セの新人王は広島の森下も頑張っているが、首位・巨人で勝っている戸郷が有利と思うよ。パはいずれも決め手に欠ける」

 

今春に沖縄で戸郷を見たときに、原監督が期待する理由が少し分かった。結果もまた7勝とチームをけん引しており、優勝すれば間違いなく新人王やろ。在京の記者も多いしな/写真=BBM


頂点を極めた後にくる反動。広島もそれにあたるのか……


 今週のテーマに入る前に、気になることをひとつ、触れておきたい。巨人独走のセ・リーグで、下位にもがく広島のことである。9月11日からの甲子園での阪神3連戦。まったくいいところがなく3連敗……。これで借金が2ケタにまで乗ってしまった。

 あの広島が……という思いだ。3連覇したあの強いカープはどこに行ったのだ。何か35年前の阪神の姿がダブるんよね。頂点を極めたあとに襲ってくる反動。それをまともに受けている、という感じなんよ。タイガースもそうやった。チームの形を整えて、準備ができたところで1985年の日本一。ところがここからキツかった。坂道を転げ落ちるようにチームはバラバラになり、下位に低迷するようになり元に戻ることはなかった。「天」から「地」へ。広島はこれと同じ道を歩んでいる。

 スキのないチームに、スキが生じる。確かに黒田(黒田博樹)、新井(新井貴浩)という投打の軸が抜けたこともあったが……それにしても、この変わり様には驚いてしまうわ。一度崩れ始めたチームを立て直すのがこれほど難しいことなのか。広島を見ていると、野球の怖さをあらためて感じるのである。

 さて、ここからが今週のテーマ。「新人王争い」について、である。凋落の広島に触れたが、その中にあって、ルーキー・森下(森下暢仁)がキラリと光るピッチングを続けている。オレは開幕前、セ・リーグの新人王の大本命に、この森下を挙げた。さらに言うと、昨年のドラフト会議、もし指名するなら……と聞かれ、即戦力の森下! と答えたわ。それほどの存在と認めていた。

 とにかく球のキレがいい。球速以上にボールがキレる。そしてコントロールのよさ。そこに大きく割れるカーブがある。完成度の高いピッチャーなんだよね。チームが低迷する中で、現状6勝2敗(9月15日現在)は、大したもんだわ。バッターの場合、チームの勝ち負けに関係なく、打率やホームランは数字として残る。投手は、というと防御率は数字だが、いくら好投しても、チームとして勝たない限り、勝利数に反映しない。防御率が1点台でも、打線のめぐり合わせで、2勝6敗とかでは、やはり印象は悪いわね。そんな中での6勝……。新人王は森下! と言いたいところやったけど、強力過ぎるライバルがいたわけよ。

在京記者の多さもあって巨人・戸郷に分があるか……


 今年の2月。沖縄で巨人の練習試合を見たけど、そこで投げていたのが戸郷(戸郷翔征)やった。正直、ピンとこなかった。戸郷という存在が、ピンとこなかったんやけど、中身を見て、これは……と感じたもんよ。変則フォームから、かなりの球速を投げるし、キレもある。変化球もコントロールされ、四球で自滅するタイプでもない。原(原辰徳)監督が期待している、と聞いたが、それが分かるピッチングだった。

 そんな戸郷は森下を上回る7勝(3敗)。実は勉強不足で申し訳ないのだが、戸郷が新人王の有資格者であることを知らなかった。昨年のヤクルト・村上(村上宗隆)と同じ。高卒でプロ2年目のブレークよ。これで森下、戸郷の一騎打ちという図式になったのである。

 昨年は村上と阪神・近本(近本光司)の争いで、10代というのとホームランのインパクトの強さで村上に決まったが、今年はどうか、やはりチームの状況が大きく左右することになるんやろな。このまま巨人が優勝すれば、大きく貢献した戸郷が有利。これはまずは仕方ないことよ。さらにいうと、新人王は記者投票で決まる。投票する記者の数は在京が圧倒的に多く、昔から在京チーム以外の候補は不利とされてきた。そんな有利、不利を振り払う森下の勝利数の上積みがあれば文句なしだが、やはり現段階では、戸郷に分がある……とオレはジャッジするよね。

 まあ、オレも新人王の先輩である。1980年シーズン、ルーキー時代のオレは、なかなか大変なときを送っていた。シーズンが始まっても、ゲームに出れないのよ。当時の監督(ブレイザー)の方針で、新人の出場は限定されていた。オレはもちろん新人王を目指していたわ。でもゲームには出られないわけやから、いつの間にか新人王を……なんてことは忘れてしまっていた。ところが監督が辞任してから風向きが変化した。5月中旬から出場機会が増え、最終的にそれなりの数字を残すことができた(108試合出場109安打18本塁打、54打点、打率・290)。ほかにライバルがいなかったこともあり、新人王に選ばれたのだが、パ・リーグの新人王はもっと強烈やった。

 日本ハムの木田(木田勇)さんよ。とにかくすごかった、どんどん勝ち星を増やし、エースになった。あのシーズン、投手部門のタイトルを総なめにしたわけよ。当然、新人王に選ばれたわけやけど、次元の違うルーキー、そんな感じやったな。

 ということでパ・リーグの新人王だが、現状の候補は、西武の平良(平良海馬)、楽天の小深田(小深田大翔)、そしてロッテの3年目、安田(安田尚憲)。この3人が有力らしいが、いずれも決め手に欠くわね。シーズン途中から四番に座る安田。ロッテがもしリーグ優勝すれば、状況は違ってくるだろうが、それも成績がひっかかる。打率は2割1分か2分だし、ここから相当、数字を上げていかないと苦しいと言わざるを得ない。

 新人王はやはり自信につながる。オレも体験したけど、一度のチャンスをモノにできることは、のちのプロ野球人生にとって、大きな糧になる。それだけに終盤での若者たちのシ烈な戦いが、ますますヒートアップすることを期待したいもんよ。(デイリースポーツ評論家)

PROFILE
岡田彰布/おかだ・あきのぶ●1957年11月25日生まれ。大阪府出身。北陽高では1年夏の甲子園に出場し、早大では東京六大学リーグ歴代1位の打率(.379)と打点(81)をマーク。80年ドラフト1位で阪神に入団。1年目からレギュラーとして新人王を獲得。21年ぶりのリーグ優勝、日本一を達成した85年は五番打者としてベストナイン、ゴールデングラブ賞。94年にオリックスへ移籍し、95年限りで現役引退。通算1639試合、打率.277、247本塁打、836打点。オリックスで2年間指導の後、98年に阪神復帰。二軍監督などを経て、04年から08年まで監督を務め、05年はリーグ優勝に導いた。09年から12年はオリックスの監督として指揮を執り、13年からは野球解説者として精力的に活動している。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング