週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「スアレスの残留が阪神の今オフの最大の“補強”やと思うな。ロハスから手を引いた巨人の動向が気になるわ

 

韓国リーグで40本以上の本塁打を放った両打のロハス・ジュニア。日本の野球に対応できるかどうかが阪神の21年の運命を握っていると言っても過言ではない[写真=Getty Images]


スアレスの残留報道に心底、ホッとしたわ


 寝不足だ。この原稿を書いているのは、2020年12月の半ばだが、先週はテレビにクギ付けやった。夜中に起き出し、テレビをつける。ゴルフ好きにはたまらない展開よ。そう女子ゴルフの渋野日向子さんの活躍……。メジャーの全米女子オープンで、渋野さんは3日目まで首位をキープ。さあ、快挙へ。最終日、ワクワクして画面を見つめていた。最後、力尽きた。それでも拍手よ。堂々と戦い、4位でのフィニッシュ。4日間、最も輝いていたのは彼女やった。新型コロナ禍で、ドンヨリとした世の中だが、渋野さんは一筋の光を与えてくれた。やっぱりスポーツはいい。影響力がスゴい。あたらためてアスリートの底力を感じた次第です。

 特別な1年がいよいよ幕を閉じる。これが年内最後のコラムです。1年間、読んでいただき、ありがとうございました。暗い話に終始したけど、せめてスポーツだけは明るくなくっちゃ、と思うのであります。ということで2020年の締めは、阪神タイガースにこだわって話します。今シーズンは2位で終えた。もしクライマックスシリーズがあったら、日本シリーズ進出は可能だったのでは、と思わせる終盤の展開やった。

 それだけに21年シーズン、さらに期待がふくらむよ。05年以来のリーグ優勝へ。カギは外国人選手です。そこさえシッカリすれば打倒・巨人は可能……。ところがイヤなニュースが流れた。クローザーであるスアレスが自由契約に。これは一大事である。もしスアレスがいなくなれば、チーム構想は大きく狂ってくる。だから残留工作をゼッタイに成功させること。これをオレは強く訴えてきたが、つい最近、願いが実ったようだ。スポーツ新聞に残留との報道があり、ホンマ、ホッとした。ピースがひとつ埋まったという単純なものではない。もしスアレスが不在となれば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング