週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「9回打ち切りの規定では投手力の差が優勝に直結よ。阪神・佐藤輝は攻略されているが、まだ伸び伸び打てばいいんよ」

 

相手チームに徹底マークされ、開幕5試合で11三振の佐藤輝。それでも首脳陣は見守って伸び伸びと打たせてほしい。関西メディアの論評は気にするな、佐藤輝[写真=高塩 隆]


引き分け狙いの作戦が増えるやろな


 関西がまた大変なことになってきた。大阪、そして兵庫……。新型コロナウイルスの感染拡大だ。それを“第4波”とする声もある。みんなが耐えている。うつらぬように、うつさぬようにと心掛けている。それなのに、容赦なく、新型コロナ禍は襲ってくる。いつまで続くのか。やっぱり心は重くなってしまう。

 そんな中でスタートしたプロ野球。ところが衝撃のニュースが届く。ヤクルトの選手の陽性が確認され、それに伴い、主力クラスが登録を抹消される事態が起きた。その中には、青木(青木宣親)、内川(内川聖一)の名が……。厳しい状況だ。それでもゲームは続く。苦しい中、ヤクルトには耐えてもらいたいし、一日でも早く正常な状態に戻ることを祈りたい。ガンバレ、ヤクルト! それしか言えない。

 新型コロナ禍によって今シーズンも特例が設けられた。最も影響があるのが「9回打ち切り」の制度である。延長戦がない。とにかく9イニングでの決着。となれば、どういうことが起きるのか。まずは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング