週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「交流戦は中日、DeNAが自分たちのスタイルを貫いている。1年目に伸び伸びと育成された結果高卒2年目の投手が飛躍してるわ」

 

高卒2年目とは思えない落ち着いたマウンドさばきで、緩急をつけて打者を翻ろうする宮城。気持ちも強そうだし、今後に期待が持てるわ[写真=石井愛子]


中日は投手力で DeNAは破壊力で


 オレが阪神監督の2年目、2005年から交流戦が導入された。このシーズン、リーグ優勝したのだが、要因の一つとして、交流戦をうまく乗り切ったことが挙げられる。以前にも書いたけど、オレは交流戦に苦手意識はなく、逆に大いに楽しめたことを思い出す。ほとんど対戦経験がない相手よ。情報、データを分析し、さらに直感で対応する。この一連の戦い方が苦しいけど、おもしろい。戦術、戦略がハマったときはホンマ、気持ちがいいもんなんですわ。

 長く続く交流戦に定説が生まれた。パ・リーグが圧倒的に強い……。これは数字にはっきりと表れているし、今年もまたパ・リーグがパワーを見せつける、と大方が予想していた。ところが異変が起きている。交流戦の3分の2を消化した時点で、セ・リーグが奮闘し、過去の傾向と逆の展開になっているのである。これが阪神や巨人という力のあるチームが上位にいるなら、なるほど、と思うのだが、中日DeNAの2チームがトップを争う状況。これを異変としたら失礼やけど、正直、ビックリする頑張りなんです。

 なぜ、中日、DeNAがパ・リーグ相手に勝てているのか? チームの状態、相手との兼ね合いがあるのはもちろんだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング