週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「オリンピックは投手力を前面に 金メダル獲得のキーマンはオリックスの山本由伸よ。今や日本一の投手やからな」

 

国を背負う重圧はすごいと思うけど、日本のエースはやはり山本やと思うから、彼の投球に期待し、金メダルに導いてほしいよ[写真=榎本郁也]


いくつになっても心が躍る夏の高校野球


 甲子園への道は遠く、そして険しい。だから挑む。道がある限り、前に前に……。高校球児の思いは一途だ。だが道が閉ざされた。昨年、夏の大会は中止。そのときの3年生の心を思うと。やるせなくなった。誰が悪い? そんなことではない。実体のない悪魔のような新型コロナウイルスによって、希望は消えた。

 あれから1年。炎天下、球児たちの声が弾む。今年は開催される。よかった……という思いと、志半ばで卒業していった先輩の気持ちを胸に、みんな、ガンバレ!!

 いくつになっても、この時期になると心が躍る。夏の甲子園に向けての地方大会よ。母校の戦いが気になって仕方ない。校名が変わっても母校に変わりなし。オレの母校、北陽高は関大北陽高となったが、このころになると先輩、後輩と連絡を取り合う。7月21日の大阪大会。関大北陽高は2回戦を突破した。これから先、どこまで勝ち進んでくれるか。昔の大阪は「私学8強」と呼ばれる実力校が8校あった。北陽高もそのひとつ。甲子園で頂点に立つより、大阪でトップになるほうが難しい、とさえ言われていた時代。オレは一度だけだが甲子園に出場している。その喜びは今も忘れていない。果たして今年はどうなるのか。全国屈指の激戦区だけに厳しいのは分かっている。でも、何とか……と思っている。郷土愛、母校愛にあふれる高校野球だ。後輩たちに「ガンバレ」と伝えたい。

 夏の甲子園の前はオリンピックで盛り上がる。野球はどうだろうか。他国の情報が少な過ぎて、予想はなかなか難しい。そんな中、侍ジャパンは「自分たちの野球」を貫くしかない。

 オレの若い時代・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング