週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「佐藤輝の打撃に力感がなくなりいいスイングになってきたよクリーンアップを外すことなく直接対決で巨人をたたくべし」

 

スイングに力感がなくなり、スムーズな動きになった佐藤輝。この先、さらに打ちそうな予感がしているよ[写真=佐藤真一]


他力本願ではなく自ら巨人&ヤクルトをたたけ


 8月も中旬、いよいよ勝負の2カ月に入る。雨が多い今年、コンデションの維持が大変だが、すべてを乗り切ったチームが頂点に立つ。総合力というのかな。長いシーズンは底力がないと勝ち切れない。だから価値があるのだ。

 シーズンも残り50試合ほどになって「ここから阪神が逃げ切れるかどうか。過去の経験を踏まえて、あらためて、ポイントを挙げてください」と、担当のS君から指示が届いた。そういえば今シーズン、ホンマに「あの時」のことをよく聞かれる。いまから13年も前のことなんやけど、やっぱりインパクトが強かったんやろね。優勝を逃したのだが、その逃し方が強烈やったからな。2008年シーズンで、V逸の監督はオレですわ。そんなオレにポイントを聞く? 思い出したくもないことなんやけどな。

 あのシーズンも今年と同じオリンピックイヤーやった。まあ不思議な巡りあわせといえるが、当時は五輪中の休止はなかった。その間、五輪メンバーを抜きにして戦ったわけで、阪神からは藤川球児、矢野(矢野燿大現監督)、新井(新井貴浩)の3人が選ばれていた。そら、チームにとっては痛いわ。クローザーと守りの要、それにクリーンアップのバッターが抜けたんやからね。でもオレは普通に戦えば優勝できると感じていた。貯金の数からいっても、その先、5割のペースでいけば逃げ切れる。そう判断していた。

 実際、そのペースは守ったんよ。ところが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング