週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「セの優勝戦線は今週末のヤクルト-阪神戦が天王山。パはオリックスが再上昇よ。関西ダービーを期待したい」

 

セ・リーグの優勝争いは今週末のヤクルト阪神の直接対決が天王山よ。若手投手の成長が著しいヤクルト(写真は奥川)を阪神のクリーンアップ(写真は大山)が打てるかどうかよ[写真=BBM]


エンゼルスの決断を支持 大谷の本塁打王が見たいよね


 10月に入った。プロ野球にとって、まさに勝負の月になる。優勝争いをしているチームは胃が痛くなる毎日を送る。年が明け、2月のキャンプからオープン戦、そしてシーズンに突入して10カ月……。苦しい日々が報われるのかどうか。それが残りわずかな時間で決着する。勝負の非情さを痛感する時期がきた。

 海の向こうでもそうだ。エンゼルスの大谷翔平は快記録を達成できなかった。2ケタ勝利に2ケタ本塁打。ベーブルース以来103年ぶりの記録に、あと1勝。でも今シーズンのマウンドはなくなった。エンゼルスのジョー・マドン監督が明らかにしたもので、オレはこの判断を支持するわけよ。103年ぶりはすごいことだけど、二刀流を続ける限り、毎シーズン、可能性はある。103年ぶりが104年ぶりになるだけよ。だがメジャーのホームラン王のチャンスは、滅多につかめるものではない。

 これを書いている時点で、エンゼルスの残りは4試合。トップに3本差だが、チャンスはまだあるはず。打つことに専念して、数多く打席に立てば、逆転キングの可能性は十分にある。相手の攻めが一段と厳しくなり、勝負してもらえないとか、壁は厚いけど、最後まで夢を見させてほしいものよね。日本人バッターがメジャーでホームランキングになるなんて、誰も想像できなかったけど、ここまできたら、実現してほしい。

 日本プロ野球ではセ・リーグの3強の戦いが続く。ここにきて巨人が失速した。なんだか、不思議な気がする。こんな急にヘコんでいくかって感じなんよね。過去の経験から、巨人が最も優勝に近い存在とする声もあった。オレもそれを認めていたし、競り合いになれば巨人がさらに有利と思っていた。ところが崩れた。打てないことに尽きるわね。坂本(坂本勇人)、岡本(岡本和真)だけでは、どうにもできない。ここまで得点能力が下がるとは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング