週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「鈴木誠也ロスを感じさせない広島は投手力が整備され打線は束になって攻撃する中でキーマンは坂倉になってくるわ」

 

デビュー当時からいい打者やなあ、と感じていた坂倉。いまやカープ打線に欠かせない男になった。守備よりもまず打撃で貢献できるから、捕手でも三塁手でもやっていける[写真=太田裕史]


オレは5位予想をした広島に拍手を送るよ


 日本球界から海を渡って、メジャー・リーグで活躍したバッターを思い返す。イチロー、松井(松井秀喜)、福留(福留孝介)、岩村(岩村明憲)、青木(青木宣親)、そして現在の大谷翔平(二刀流だが)、筒香(筒香嘉智)……。彼らに共通するのは何か? すぐにピンときますよね。それはすべて「左打者」ということなんです。

 日本の野手がメジャーで数字を残せる条件がここにある。そう決めつけてもいいくらいのデータが残る。不思議だ。ここまで極端な傾向があるとは……と、オレは常々、考えていた。逆に言えば右打者は通用しないということなのか。井口(井口資仁)、田口(田口壮)、新庄(新庄剛志)など、右バッターが挑戦し、それなりの成績を収めたが、イチローや松井ほどまでにはなれなかった。

 具体的な理由は分からない。ただ貴重なデータやと思っていたが、今年、敢然と右打者不利説に挑戦する男が現れた。そう、カブスの鈴木誠也だ。広島から移籍し、メジャー開幕から素晴らしいスタートを切った。オレは右打者に与えられた不利説が頭にあり、さあ、どうやろか? と正直、心配していたが、それは杞憂に終わった。

 すでに四番も経験し、どの打順でも対応している。長打力があり、広角に打てるから打率も残せる。さらに選球眼がいいので高い出塁率を誇る。もっと言えば打つだけの選手ではない。守備力も超一流で、これまで海を渡った選手の中、最高の右バッターになるのは、まず間違いないやろな。

 さすが侍ジャパンの四番。そんな選手が抜けたあと、広島カープは相当苦しいやろ、という見立てになるのは当然のことやった。鈴木誠也不在がチームにもたらす影響は計り知れない。だから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング