週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「佐々木朗希はいい経験をしたし登録抹消は監督のナイス判断 阪神が今後逆襲するためにはリリーフ強化と佐藤輝四番固定よ」

 

4月25日現在でリーグトップタイの6本塁打を打っている阪神、佐藤輝の打順は開幕のときの四番で固定すべきよ。それが安定した戦い方をする第一歩よ[写真=松田杏子]


異次元の投球を見せた佐々木朗の体力はこれから


 まずロッテ佐々木朗希について。高卒3年目で完全試合を達成した。これもすごいのだが、中身がエグかった。13者連続三振で、1試合19奪三振。腰を抜かしそうになったけど、これだけで終わらないのが、この若者のケタ外れの能力だ。続く登板で8回まで「完全」を続けた。ところが9回、井口(井口資仁)監督は交代を告げた。試合は0対0の同点。もし9回も投げ切っても、同点のままなら完全試合とはならない。あくまで参考記録となる。

 井口監督は同点だから……ということもあり、交代を決断したのだろうが、この判断、よかったのではなかったか。1点でもリードしていたら続投。オレなら、そうしていた。そして、佐々木朗なら、また(完全試合を)やってのけられる。そんな思いがベンチにあったと思う。ホンマ、すべてに次元の違いを見せてくれた。

 問題はここから。サンデー朗希が予定どおりにマウンドに立った。4月24日のオリックス戦(京セラドーム)。ところが、いきなり先頭打者にヒットを浴びた。これで記録は途絶えた。そして野球ファンを騒がせた問題の光景が……となる。

 オリックス安達(安達了一)に投じた1球は微妙なコースに収まった。これがボールの判定。佐々木朗はエッという表情になった。これを見た球審が、なんとマウンドに歩き出した。

 言葉で表現すれば、その態度はなんだ! といったところか。最悪の退場ということにはならなかったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング