週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「岡田世代?の代表格は広島の北別府に巨人の篠塚……。新しい世代も出てきたから野球界を盛り上げてほしいわ」

 

2001年生まれ世代は佐々木朗が3年目で先頭に立っているよな。オレの世代にはあのホーナーもいる。大学時代から知っているから、ヤクルト入団が決まったときは懐かしさも感じたんだが……[写真=BBM]


阪神の救世主やと思う完投に本塁打は見事よ


 久しぶりにスカッとした。5月18日のヤクルト戦(神宮)、テレビでの観戦となったけど、阪神西純矢の完投のピッチング、そしてバッティングに見惚れていたわ。まさに阪神に現れた救世主! それくらい称賛してもいい内容やった。

 何がよかったかといえば、どんどんストライクを先行して、四球で崩れるという心配がまったくなかったところ。球威もあり、コントロールがいい。さらに気持ちが充実している。バッターに向かっていく気迫がバンバン伝わってきた。スタミナもあるし、欠点らしきところが、まったく出なかった。

 この先、山あり谷ありだろうけど、先発ローテーションで十分投げられることは間違いない。プロ3年目。2年の間にファームで鍛え抜いたんやろな。プロの体になっているし、着実に力をつけたことが分かった。まるでロッテ佐々木朗希の成長曲線と同じ。ロッテ方式ならぬ阪神方式が実った瞬間だったかもしれないですね。

 西純はいわゆる「佐々木朗希世代(2001年生まれ世代)」と言うらしい。ほかにはヤクルトの奥川(奥川恭伸)、オリックスの宮城(宮城大弥)、阪神の及川(及川雅貴)がその世代。まず宮城が飛び出し、奥川がブレークした。及川もセットアッパーで一軍に定着した。佐々木朗と西純は出遅れ感が少しあったわな。

 ところが3年目の今シーズン・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

岡田彰布のそらそうよ

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング