週刊ベースボールONLINE

V9巨人の内野の要であり続けた土井正三

V9巨人の内野の要であり続けた土井正三

 

言うべきことは、たとえ相手が川上監督でも王選手でもビシッと言った硬骨漢だからこそ、V9巨人の内野の要であり続けた。
文=大内隆雄、写真=BBM

黒江透修[右]とのツーショット。土井-黒江の二遊間は、ベンチが作戦を預けるほどレベルが高いものだった[72年ごろ]


 土井正三と言えば、阪急との日本シリーズ(69年第4戦4回裏)の、捕手の両脚とミットのスキ間に左足をこじ入れる神ワザのホームイン。また同じ阪急との日本シリーズ(72年第4戦9回裏)で巨人3対1と2点リードも阪急が無死一、二塁のチャンス、これを併殺で切り抜けたプレー(これは相手がバントでくるか強攻か巨人ベンチは迷ったのだが、土井と遊撃・黒江透修が「必ず強攻でくる」と主張、ベンチも2人と投手の堀内恒夫に任せたもので、代打の打者は、予想どおり打ってきた。これが、黒江へのハーフライナーとなり、あらかじめ二塁に寄っていた土井にボールが送られ併殺となった)などで、読者の記憶に残る、巨人きっての頭脳派プレーヤーということになるだろう。それは100パーセント正しい。

 しかし、今回は、そこから少しズラした、これまたいかにも土井らしい一面を紹介してみよう。

 土井は「正三」ならぬ、文句「言うぞう」だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

プロフェッショナルの肖像

プロフェッショナルの肖像

プロ野球選手の美学にスポットを当てた連載企画。自分をとことん追求した選手たちの姿を紹介。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング