週刊ベースボールONLINE

ファーム選手クローズアップ

DeNA・綾部翔 課題克服を目指し一歩ずつ

 

大学、社会人が中心だった昨秋ドラフトで唯一、高校生投手として5位指名された長身右腕だ。プロ入り1年目の今シーズン、直面したカベを乗り越えるために、ファームで必死に汗を流している。


「まさに想像していたとおり。高校とプロでは天と地ほど違う」

 レベルの差を痛感したことすらもホープにとっては収穫。ドラフト5位の綾部翔は一軍の先発ローテーション入りを目標に山積みの課題に取り組んでいる。二軍成績は10試合に登板し、31回2/3を投げ、1勝2敗、防御率4.26。満足な数字は残せなかった。

 当面の課題は「ボールの質の向上と、走者が出たときの投球」。

「真っすぐは高校のときより空振りが取れるようになってきた。質は良くなっているのかな」とプロ相手にも通用しつつあることを実感している。「質もコントロールもまだまだ良くしていける」と向上心も忘れない。

 走者を出してからの投球については「走者を気にし過ぎて、打者への意識が薄れて甘い球を投げたり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング