週刊ベースボールONLINE

進め!次代のスター候補たち ファーム便り

巨人・田中貴也 一歩一歩、支配下へ前進

 

日本の正捕手・小林誠司を脅かす存在になるかもしれない。今春は育成契約ながらキャンプ、オープン戦と一軍を経験。目下二軍の正捕手を務める“005”が、支配下と一軍昇格に自信を深める。

捕手/育成3年目/25歳


 泥まみれで声を張り上げる田中貴也の姿は、まるで高校球児のよう。

「一軍で通用すると思われないと支配下になれない。結果を出して。いち早く支配下になれるようにしたい」

 はつらつとしたプレーでチームを盛り上げる25歳の目には、遠かった支配下登録の目標がはっきりと映っている。

 京都出身ながら沖縄・八重山商工高から山梨学院大を経る異色の経歴で、2015年育成ドラフト3位で入団した右投げ左打ちの捕手。強肩の部類には入らないが、柔らかいフットワークと器用さを生かした正確なスローイングが持ち味だ。1年目はイースタンで出場9試合、昨季は12試合に出場し、打率は.286。プロ初の本塁打も放ち、確かな成長の跡を示した。

 チームの正捕手・小林誠司がWBCに出場した今春のオープン戦期間中には、育成で唯一の一軍メンバーに大抜擢された。6試合に出場し、「パワーやスイングスピード、投げるボールの強さはまだ自分に足りない。そこを鍛えないと一軍に行けない」とレベルの差を肌で実感。「送球の精度は自信が持てました。まだまだですけど、少しは“できる”というのを感じました」と手応えも感じ取った。

 貴重な経験を胸に臨んだ今季は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング