週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

中日・高松渡 荒木雅博ぞっこんの韋駄天

 

滝川二高時代は人呼んで“滝二のイチロー”。内野ゴロを悠々ヒットに変えてしまう俊足を指してのものだが、その足がやはりプロでも注目の的に。足を生かすスタイルで一世を風靡する日も近い。

内野手/1年目/19歳


 ドラフト3位で入団したルーキーの高松渡は、驚異の快足の持ち主だ。

「自分の足の速さに気づいたのは、小学校低学年ですね。周りに『速いね』と言われて、そこからかけっこでは負けた記憶がないです」

 独特のスピードと言っていい。力感がなく音がしない。静かに加速したと思えば、ほんの数メートルで人より体一つ前に出る。周囲を驚かす加速力について、高松自身は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング