週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

日本ハム・平沼翔太 覚醒前夜のショートストップ

 

2015年のセンバツ高校野球、敦賀気比高のエースで四番だった平沼翔太。プロ入り後は内野手1本で勝負し、着実に成長を遂げている。次世代のスター候補生としても期待されるホープの現在地を追った。

内野手/3年目/20歳


 かつてのセンバツ優勝投手が力強く成長した姿を披露した。一軍昇格を果たした6月17日の札幌ドームでのヤクルト戦。途中出場した平沼翔太は9回にプロ初安打となる左前打を放った。「打った瞬間、頭が真っ白になりました」。プロ3年目、通算10打席目で飛び出した待望の安打で“ラストチャンス”をものにした。同14日に今季初昇格したが、この試合を最後に二軍へ戻ることは最初から決まっていた。交流戦終盤で登板機会の空く先発投手を抹消させ、空いた枠を利用した4日間限定の一軍帯同。大きな成果と自信を得て、ふたたび鍛錬の日々に戻った。

 3拍子そろった内野手として成長中だ。今シーズンは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング