週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

広島・高橋大樹 長打に加え、打撃の安定度も増す

 

長打が魅力の、広島のファームの四番・高橋大樹。6年目の今季は、プロ初安打もマークし、一軍でも数字を残した。打撃の安定度も増しつつあり、常時一軍への道もあともう少しだ。

外野手/6年目/24歳


 このプレーが6年目にかける思いを雄弁に語っていた。5月3日の巨人戦(マツダ広島)、岡本和真の一打はバックスクリーンへ一直線に伸びていった。センター後方の打球を背走しながらのジャンピングキャッチ、これまで打撃の色が濃かった男が好守で存在感を示した。

 自らの現役時代から高橋大樹を知る守備・走塁コーチの廣瀬純は賛辞を惜しまなかった。「あのきわどい打球を捕るというのは、ボールへの執着心が感じられました。絶対一軍に残るというものを感じました。課題もありますが、雰囲気的にも一軍に慣れてきたように思います」。

 高校通算43本塁打をマークした。2012年にドラフト1巡目で入団した大砲は、将来の主軸打者として期待されてきた。2014年には一軍デビューも果たしたが、一軍定着はかなわなかった。

 しかし、高橋大は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング