週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

楽天・岩見雅紀 球団悲願の和製大砲へ

 

球団が期待する和製大砲候補の1人だ。これまでは助っ人のバットに期待していたが、その出来不出来がチーム成績に直結。生え抜きの主砲台頭は球団の悲願でもある。その筆頭候補がこの男だ。

外野手/1年目/24歳


 慶大時代に高橋由伸(慶大、のち巨人)の23本、田淵幸一(法大、のち阪神ほか)の22本塁打に次ぐ、歴代3位の21本塁打を放った右の大砲だ。

 しかし、2月の春季キャンプでは体調不良により出遅れてしまう。実戦が本格化した3月になっても一軍昇格のチャンスはなかった。4月下旬の時点で池山隆寛二軍監督は一軍への推薦について、「まだですね。二軍で経験したほうが。まだペゲーロほど守れていない」と、守備面での課題を口にしていた。

 それでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

輝け!未来のスターたち

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング