週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

阪神・馬場皐輔 プレートの上で勝負する投手へ

 

毎日、野球のことだけを考えられる生活だからこそ充実している。一歩ずつ課題を克服し、成長していることを実感している。必ず一軍のマウンドで活躍する、という強い意志を持ちながら、腕を振り続ける。

投手/1年目/23歳


 毎日目の前で起こる課題に真摯(しんし)に向き合う。馬場皐輔のプロ1年目はその繰り返しだった。決して後ろは向かない。

「一つひとつ課題をクリアしていっていることを確認できることはうれしいですね」と笑顔で答える。

 大卒のドラフト1位は即戦力と見られてしまう。だが1年目で二軍生活が多い場合、焦りなどが出ても仕方ないと思われるのだが……。「最初から通用するとは思っていませんでした。逆にプロに入ってから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング