週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

楽天・石原彪 “犬鷲のドカベン”を目指して

 

高卒2年目の昨季、念願の一軍デビューを果たした石原彪。パワフルな打撃が魅力的な発展途上の捕手。リード面で腕を磨き、“第2捕手争い”に参入したい。

捕手/3年目/20歳


 記念すべきプロ初安打は昨年10月5日のロッテ戦(楽天生命パーク)で生まれた。「九番・捕手」でスタメン出場を果たすと、3回の第1打席で左前安打。その後、プロ初盗塁となる二盗も成功させる。身長172センチ、体重96キロの巨漢だが、「短距離、1本だけなら自信があります」とニヤリ。さらに、守っても初回に中村奨吾の二盗を刺すなど、攻守走で躍動を見せた。一軍デビューから4試合目での“初ものづくし”に「2年目に1本出しておきたいと思っていた。打ててホッとしてます」と笑顔を見せた。

「肩の強さがなくなったら、自分には残るものがない」と公言するほど、強肩には絶対の自信を持っている。その一方で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング