週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

阪神・齋藤友貴哉 常に強いボールを投げる

 

社会人即戦力右腕の中継ぎとして矢野燿大一軍監督も「面白い存在」として認め、4月17日に一軍昇格を果たす。それまでに、自分で見つけた課題を克服した自負がある。さあここから齋藤の真価を発揮するときだ。
取材・文=椎屋博幸、写真=BBM

投手/1年目/24歳


 防御率は0.00で悪くない。しかし開幕一軍の切符はつかめなかった。今では「すべての球を全力で投げていたからだと思います」とその理由を理解している。降格した当初は「ブルペンでなかなかストライクが入らなかったことも影響したのかな」と思うこともあった。一方で、キャンプ中の実戦マウンドでは結果を残していただけに、悔しい気持ちが残っていた。

 ある日、担当スカウトの畑山俊二スカウトから「今の投球だと打ち取るパターンが見えてこない」との助言を受けた。春季キャンプ中はすべてにおいて全力で目いっぱいの力を使って投げ込んでいたことに気が付いた。それ以降は、常に腕の振りの速さのみを意識した投球フォームへと変え、球に強さとノビを与えたいと考えた。社会人時代も腕の振りに関しては常に気を付けていたが、現在はより強く腕を振るように気を付けている。

「投げる瞬間までは力感をなくし、ボールをリリースするときに、すべての・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング