週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

DeNA・伊藤裕季也 飛距離は一軍トップクラス

 

長打力が武器の期待の大型内野手だ。ケガの出遅れもありファームで実戦で経験を積むが、そのオレンジのバットには将来への期待感がいっぱい詰まっている。一軍昇格は時間の問題だろう。
写真=BBM

内野手/1年目/23歳


 今季、若手野手の台頭が目立つDeNAだが、まだまだ楽しみな選手がファームに控えている。ドラフト2位ルーキーの伊藤裕季也だ。こだわりのオレンジ色のバット、豪快なフォロースルーから生み出される打球の飛距離は一軍のトップクラスとそん色がなく、前半戦でイースタン・リーグのトップと1本差に迫る9本塁打をマーク。7月11日のフレッシュオールスター(楽天生命パーク)ではイースタン選抜の五番も任された、将来有望な主砲候補だ。

 昨秋は立正大の四番、主将として東都大学リーグで18シーズンぶりの優勝。さらに明治神宮大会でも決勝戦で劇的な逆転2ランを放ち、母校を9年ぶりの優勝に導いた。大舞台での勝負強さは折り紙付きで、プロで挑戦中の三塁からのスローイングも安定感がある。甘いマスクは女性人気も高く、スター性も抜群だ。

 春先に3試合連続本塁打をマークするなど幸先よいスタートを切ったが、その後は打撃不振に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング