週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

ロッテ・茶谷健太 経験を糧に飛躍を誓う

 

昨オフ、覚悟を決めて新天地に活躍の場を求めた。シーズン中の支配下登録はならなかったが、ダイナミックな攻守走を見せつけ、来季への手応えを得ている。
取材・文=長井毅(スポーツ報知)

内野手/4年目/21歳


 7月末のイースタン・巨人戦(ZOZOマリン)。試合後、球団幹部との話し合いの場で告げられたのは「今季中の支配下登録を見送る」というものだった。1月にソフトバンクから移籍。「やるからには環境を変えてやってみたいと思った」と、育成から再出発という勝負の決断を選択したが、2ケタ番号は来年以降に持ち越しとなった。それでも茶谷健太は悲観することなく、「2ケタ番号を手に入れるために少しずつ、攻守走すべてレベルアップできるように。フェニックス・リーグでもキャンプでもしっかりアピールしたい」と、気持ちを切り替えて先を見据えた。

 昨季は二軍で87試合に出場し3本塁打。一方で今季は116試合に出場し打率.265、6本塁打、48打点。チームで規定打席へ到達したのは安田尚憲と2人だけで、首脳陣の期待の表れでもある。出場機会を求めて、本職の遊撃以外に外野や一塁にも挑戦中だ。年間を通じて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング