週刊ベースボールONLINE

輝け!ファームの星

広島・宇草孔基 先を見据え引き出し増やす

 

未来の球界を担うスター候補生を紹介する若手連載企画。第3回は広島のドラフト2位ルーキーの宇草孔基外野手だ。武器は俊足。まだ、強打者にも好打者にも育つ可能性を秘める。
写真=太田裕史

外野手/1年目/23歳


 まさに王道を歩んできた選手だ。常総学院高では1試合5盗塁で甲子園を沸かせた。法大ではパンチ力と巧打を併せ持ち、大学日本代表にも選出されてきた。

 さまざまな武器を持つ男は今、極めて冷静に自分の技術と向き合っている。太陽が照りつける二軍の由宇練習場。試合前、少し早めにグラウンドに立った宇草孔基は丁寧なスイングを繰り返していた。

「その日その日でテーマを持って考えながらやるようにしています。今は、内角を打つときにバットの芯で捉えようとするあまり(体を)逃がしてしまう傾向があるので、詰まっても構わないから自分のスイングをするようにしています」

 これまでも試行錯誤で成長してきた。俊足は武器だが、高校でも打撃を小さくまとめようと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング