週刊ベースボールONLINE

輝け!ファームの星

オリックス・宮城大弥 大胆かつ器用な19歳左腕

 

高卒1年目ながら堂々とした投球を見せている。ファームで13試合に登板して防御率は2.72。最速は153キロまでアップ、フォークも習得した。成長を続ける”エース左腕”候補は、一軍でプロ初先発も経験。そこで得た課題とは──。心は静かに燃えていた。
取材・構成=鶴田成秀 写真=佐藤真一

投手/1年目/19歳


 高卒新人とは思えぬ落ち着きぶりだ。飄々(ひょうひょう)とテンポよく投じる姿は19歳とは思えない。言葉の端々からも“大人な考え”が伝わり、成長を期していることが感じ取れる



投球板を踏み変えて


──1年目の今季は「とにかく結果を残したい」と言っていましたね。

宮城 はい。勝ち星や防御率など『この成績』というのは特別なくて。全体的に見て、周りからも『いい成績』と思われる数字を残したいと思っていました。

──それはファームの成績?

宮城 ファームで良い成績を残せば、一軍に上がることができる。どちらというより、自分が出た試合でということ。ただ、ファームのことしか頭になかったのが正直なところでもあります。

──成績を残すために、必要だと思うことは何でしょうか。

宮城 すごい打者が多い中で『どうやってカウントを有利にするか』です。真っすぐでファウルを取る、変化球でファウルや空振りを取るなど、方法はいろいろありますけど。

──投球テンポの良さも特徴です。これも有利なカウントに運ぶため?

宮城 はい。相手に的を絞らせないように。ただ、テンポを意識し過ぎてもダメだなと思っています。ランナーを出すまでは良いんですけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング