週刊ベースボールONLINE

ファームから飛び出せ! 明日のスター候補生

広島・韮澤雄也 長打力アップに手応え

 

一軍では林晃汰小園海斗など、高卒の若手内野手の活躍が目立っているが、それに続こうとする選手はまだいる。ドラフト4位で入団して2年目の韮澤雄也だ。打力に磨きをかけ、長打力をアップさせて一軍を目指す。
取材・構成=藤本泰祐 写真=前島進、湯浅芳昭

内野手/2年目/20歳


 高校時代は巧打者として名を馳せたが、プロ1年目はファームでも思った結果は残せなかった。打率.229でホームランはゼロ。長打力を身につけるため、フォームや打席へのアプローチの見直しに取り組んだ。その成果もあり、今季はファームでも初本塁打が出るなど、力強さを増してきた。守備でも、昨オフは志願して菊池涼介との自主トレを行うなど、セカンドへの対応を進めており、何とか早く一軍を体験しようと研鑽(けんさん)を積んでいる。

──今季、ウエスタン・リーグでは、セカンド、ショートで出場して、打率は2割5分前後です。ご自身ではここまではどうですか。

韮澤 去年よりはしっかりできているので、少しは成長できていると思います。特にバッティングですかね。考え方であったり、スイングであったり。去年はまだ、とにかくヒットが欲しくて。それなのにただ漠然と待って、打ちにいったりしていた。今年は狙いをしっかり持って。そうやっていけばヒットにつながるということもだんだん分かってきたので。

──スイングの変化というのは。

韮澤 去年はほとんど長打がなかったので、キャンプから長打が打てるようにと意識してやってきました。去年から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

輝け!未来のスターたち

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング