週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

ソフトバンク “ミギータ”・真砂勇介 アピールのとき

 

 再昇格に燃えている。5月8日のウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)の9回一死二、三塁で、真砂勇介外野手がレフトへ2点適時二塁打を放ち、チームの負けを消した(結果は4対4)。真砂にとっては4月21日以来の打点。一軍は9日現在、川島が先発の場合、控えの右打者はゼロと偏った構成になっているだけに、“右の柳田=ミギータ”の異名を持つ真砂の奮起に期待したいところだ。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング