週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

ヤクルト 上田剛史が二軍で値千金のサヨナラ弾

 

 前半戦最終戦を白星で飾った。7月9日の巨人戦(戸田)は、序盤から1点を争う好ゲームに。6回に濱田太貴外野手の逆転2ランなどでリードを奪うも、直後に同点に追いつかれてしまう。それでも4対4で迎えた9回、この回の先頭打者・上田剛史外野手のサヨナラ本塁打で接戦に終止符を打った。一方の投手陣は、ブキャナン、寺原が調整登板を行い、後半戦の先発登板に備えている。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング