週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

ヤクルト 塩見泰隆ら 二軍打線の中軸が固め打ち

 

 7月31日の日本ハム戦(鎌ケ谷)では最大3点差を引っくり返す逆転勝利を収めたが、その立役者は中軸の3人だ。三番の塩見泰隆外野手は3安打1打点、四番の坂口智隆外野手は本塁打を含む2安打2打点、五番の濱田太貴外野手は4安打2打点。7回の3得点、9回の4得点のシーンでは、この3人による3連打が際立っていた。低迷を続ける一軍の起爆剤として期待できそうだ。

関連情報

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング