週刊ベースボールONLINE

中居正広のとことん野球好き!!

中居正広コラム第70回 個性と人間性が出る野球解説

 

温和な口調ながらも舌鋒鋭い解説で楽しませてくれた関根潤三さん[写真はヤクルト監督時代]


 プロ野球中継に欠かせない存在といえば、各局で活躍されている解説者の皆さんです。僕も試合前はいつも「今日の解説は誰かな?」と楽しみにしています。それぞれにキャラクターやカラーがありますが、最近「なるほどな、めちゃくちゃ面白いなぁ」と思わせてくれるのは鳥谷敬さんの解説です。

 阪神ロッテでプレーした現役時代は言わずと知れた名ショートとして鳴らした方だけに、その経験をもとに語られる内野手論はさすがプロだなと。さまざまなシチュエーションで選手はグラウンドの上で何を考えているのか、また何を考えるべきなのか。「ここは最低でも1つのアウトを取るべき」「欲張ってはいけない」とかを的確に、なおかつ過去のデータや確率の観点からも分かりやすく説明してくれるんですよね。昨年限りで現役を引退し、解説者としてはまだ1年目の鳥谷さんですが、「こういう考え方もあるんだ」とすごく勉強になることを教えてくれる解説者の1人です。

 ほかには荒木大輔さんの解説も聞きいっちゃいます。昨年まで日本ハムの一軍投手コーチを務められていただけに、継投やベンチワークの話はとても奥深いです。このあたりって僕なんかには到底分からないことですし、「ここは勝負させたい」「長いシーズンを見据えて休ませたい」など、現場の最前線で戦ってきたからこその分析なので、野球好きにはたまらないですね。

 2人以外にも挙げていけばたくさんいますが、野村謙二郎さんの解説も好きです。落ち着いていて、丁寧で、野村さんの人柄の良さが解説にも出ているんですよね。やっぱりその人の紡ぎ出す言葉に人間性も現れてきますから。だからそれぞれに個性が出て、面白いんですけど。

 またちょっと時代を遡(さかのぼ)ると、テレビだけでなく、ラジオでもお聞きすることが多かった関根潤三さんの解説も好きでよく聞いていました。物腰はやわらかく、声質もおだやかなんですけど、自分の思ったことをズバッと言うところとか。「こういう選手はね、まあ育たないんですよ」と気持ちいいぐらいに(笑)。あの独特の話し方、表現の仕方は関根さんならではのものですし、僕の好きな歴代解説者ランキングのベスト3の中にも絶対入ってきますね。

 小さいころはラジオもよく聞いていましたし、それこそ高校野球の甲子園なんかはラジオで情報をよく集めていました。あと、これは父に教えてもらった見方なんですけど、甲子園だけはラジオを耳で聞きながら、テレビの映像を音量ゼロで見るようなことをやっていました。やっぱりラジオは映像がない分、解説も情報や状況を細かく話してくれますし、高校野球のこともたくさん知りたかったので。そういう面でも、すごくラジオを重宝していました。

子どものころは音量ゼロでテレビを見て、耳でラジオの解説を聞きながら甲子園を見ていましたね


 現在はテレビやタブレットで試合を見ることが多いですけど、移動中なんかはラジオも変わらずに聞いています。どちらにも良い面がありますし、それぞれの番組にはいつも僕たちに野球の奥深さを教えてくれる解説者の皆さんがいます。さあ、今日はどんな試合になって、どんな話が聞けるんだろう? そんなことを思いながら、僕は今日も野球に夢中です(笑)。
中居正広のとことん野球好き!!

中居正広のとことん野球好き!!

中居正広による月1の連載コラム

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング