週刊ベースボールONLINE

野球界の裏方仕事人

中日一軍用具担当・平沼定晴 打撃投手で黄金期支えゆくゆくは育成指導に 「チームの勝利が何よりの喜びです。ドラゴンズへ恩返しするためにまだまだ頑張ります」

 

現役時代を含めると、中日在籍27年目となる。打撃投手時代は主力クラスの打者(立浪和義谷繁元信井端弘和ら)に慕われ、2000年代の黄金期を支えた。11年限りで打撃投手を引退したが、現在は勝利のために用具担当としてチームを見守る。
取材・文=坂本匠 写真=桜井ひとし(メーン)、松村真行

一軍用具担当◎54歳/勤続21年目


3たび中日に入団


 1998年いっぱいでユニフォームを脱ぎ、翌99年から中日の打撃投手として第2の人生をスタートさせた。83年のプロ入りで、現役通算16年だから、もう裏方としてのキャリアのほうが長い(21年目)ことになる。

「考えたことはありませんでしたが、もう21年になるんですね。現役を終えて、ドラゴンズのスタッフになれたこと、いまでも球団の方々、相談に乗ってくださった先輩など、多くの方に感謝しています。まだまだ、ドラゴンズへ恩返しするために頑張っていかなければいけないですね」

 優しい笑顔で語る中日用具担当・平沼定晴さんのお仕事を紹介する前に、その興味深いプロキャリアについても触れておく必要があるだろう。

 千葉県習志野市に生まれ、高校は千葉商大付高に進学。ここで関東屈指の速球派右腕と評価を高め、3年春のセンバツ出場でドラフト指名を決定的なものにした。2位の高評価で中日入りすると、2年目の84年に一軍初登板。中継ぎをメーンに3年目に20試合、4年目に34試合に登板するなど、ドラゴンズのお家芸でもある“継投”の重要なピースとして力をつけていく。その矢先の86年オフのことだ。「世紀のトレード」とも言われた落合博満との交換トレードで、上川誠二牛島和彦桑田茂の3選手とともにロッテへ。ここでも強気な投球スタイルで、9シーズンで261試合に登板するなど活躍を見せたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

舞台裏の仕事人

野球界には欠かせない裏方さんを紹介する連載。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング