週刊ベースボールONLINE


ダルビッシュはさすがの投球でした!西武コーチ時代のダル対策法を教えます

 

 先日(現地時間5月28日)、レンジャーズのダルビッシュ有投手が約1年9カ月ぶりに復帰登板を果たしましたね。仕事の関係上、ライブで試合を見ることはできませんでしたが、すごい投球内容だったとか。さすがとしか言いようがありません。僕は、今までの日本のピッチャーの中で彼が最高の投手だと思っているんです。

 マサヒロ(田中将大=ヤンキース)もすごい投手ですが、僕が西武の打撃コーチ時代には、彼の投球には一つの傾向がありました。それは「困ったときはスライダー」というもの。打者有利のカウントでは、必ずスライダーだった。だからミーティングのときは、それを軸にいろいろと指示ができました。

 一方、ダルビッシュ。西武戦に登板するときのバッター・ミーティングはひと言。

「自分の狙ったボールだけを打て!1球勝負だ」という超消極的戦術だったんです。真っすぐも超一流なら、持っている変化球も超一流。それだけでも打てないんですが、マサヒロのような「困ったとき」がないんです。こっちがまったく「困った」状態でしたよ(笑)。

西武打撃コーチ時代の選手へのダルビッシュ対策は超消極的打法でした。それくらいすごい投手でしたね/写真= Getty Images


 それと一番大きいのは、彼がめちゃめちゃ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング