週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保コラム

オールスターの指揮を執る監督はいろいろな制約があり大変ですよ

 

第1試合は2イニング33球。第2試合も2イニング22球を投げてくれたサブちゃん[上]には感謝しています!!/写真=BBM


 先日、今年のオールスター出場選手たちが発表されましたね。今年もファンの皆さんを楽しませてくれるプレーが見られると思います。私は、現役時代に1回出場し(1992年度=ジュニアオールスターも1回出てMVPでしたよ!)、監督としても2014年に出場しました。

 正確には、監督ではないです。代行の監督代行として(苦笑)。前年日本一になった楽天の監督は、オールスターで監督を務めなければいけません。本来なら「オヤジ(星野仙一監督)」なんですが、腰痛の悪化で休養中で、投手コーチだった佐藤(佐藤義則)さんが監督代行をされ、その後、二軍監督だった私が監督代行の代行で一軍に呼ばれて、チームを指揮していました。

 その時期にオールスターが……。当然、球団本部長に「代行の代行がオールスターの監督をしたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング