週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保 さあ、話しましょう!

デーブ大久保コラム「楽天・銀次が急きょ捕手で出場しました。こういう采配は絶対に避けてほしいです」

 

銀次は、捕手としてワンバン処理の練習を長くやっていないはずですし、もしその処理を失敗してケガしたら……チームに大きな痛手ですよ。もう少し考えてほしかったです/写真=BBM


 監督の采配に関し、これはやってはダメということがあります。それは選手が故障をするリスクを高める采配です。今回のこの起用は、到底容認できないですし、悲しい気持ちにもなっています。

 と、いきなり怒ってしまったのですが、その相手は楽天平石洋介監督です。4月7日のオリックス戦(京セラドーム)で、9回同点に追いついて延長に入り、内野手登録の銀次が緊急で捕手を務めました。私はどうしても納得できません。

 まず基本中の基本ですが、捕手を2人だけの登録にするなら、正捕手は、何があっても試合の最後まで出場させることが大原則です。つまり第2捕手はあくまでもバックアップ。正捕手がケガをしたときなど、不測の事態でマスクをかぶるという存在。しかも一度代わったら、試合の最後まで守り抜かせないといけないのです。

 平石監督は、3月に1度だけ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング